フィラリア

MENU

私の実家では、2匹のワンコを飼っています。どちらのワンコも私達にとっては大切な家族です。だから人間と同じように健康管理をきちんとしています。もちろん、ワクチンやフィラリア予防薬など摂取させています。

 

でも、2匹飼っていると、病院代もかなりの負担になります...。それで、節約をしてワンコ貯蓄を増やす工夫をしようと、医療費を改めて見直し始めました。そこで初めて知ったのが、通販でもフィラリア予防薬を入手できるという事実でした。

 

通販で薬代が節約できました。

 

通販なら、実家に直接フィラリア予防薬が届けられるので、動物病院に通う必要がありません。おまけにフィラリア予防薬の価格が安価なので、薬代の節約にもつながります。診療代、諸々かかる全体的な費用で考えると、結果的にかなりコストダウンできました。今ではフィラリア予防薬は、通販を活用してワンコ達に摂取させています。

 

カルドメックチュアブルとハートガードプラス

 

実家のワンコ達の場合、病院で処方されているフィラリア予防薬はカルドメックという薬です。でも、私が通販で見つけたのはハートガードプラスという名前の薬でした。最初は違う薬だから使えないと思っていたのですが、調べてみたら、このふたつの薬は同じ成分でできた同じフィラリア予防薬でした。

 

日本でカルドメックとして処方されているフィラリア予防薬は、外国ではハートガードプラスという名前で売られています。同じ成分の薬ですので、どちらも効果に違いはありません。

 

この事実を知ったことで、実家のワンコ達にもハートガードプラスを使用することができると確信し、フィラリア予防薬の通販購入を決断しました。 また、決断できたのは飼い主さんの口コミを読んで安心したことも大きかったのです。

 

フィラリア予防薬を購入する方法はふたつあります。

ひとつは、動物病院に通院して獣医さんに処方してもらう方法。
もうひとつは、個人輸入代行ショップを利用して通販で入手する方法です。

前者の場合は、獣医さんに受診するので一番安心な入手方法です。しかし、通院する手間と時間、診療代や薬代の費用がかかります。実家のワンコ達の場合は、毎回必要になる診療代などの高額な費用がデメリットとなっていました。

 

毎回当然のようにかかっている費用を「抑えられるところがあるのなら抑えていきたい!」と考えていた私たちにとって、後者の個人輸入代行ショップの利用はメリットが大きかったのです。個人輸入代行ショップなら、注文した後は自宅で商品到着を待つのみです。時間や手間を気にする必要はありません。 そして何よりも、フィラリア予防薬の価格が非常に安価なのです。

 

正確な価格はペットの種類や大きさ、数により異なりますが、個人輸入代行の利用により、それまでかかっていた1/10程度に費用を抑えられた!なんて話も耳にするほどです。 実際、我が家のワンコの場合は、それまでの半額になりました。

 

2匹飼っているので、病院で処方されていた時にかかっていた費用も倍だったこと考えると、今は驚きの安さでフィラリア予防薬を使用できています。

 

 

有効成分 イベルメクチン

カルドメックとハートガードプラスには、有効成分にイベルメクチンが採用されています。 イベルメクチンは、フィラリアの幼虫に対する感度が高く、低用量でフィラリア幼虫を駆虫できるそうです。月に1度のペースでペットに摂取させることで、フィラリアが成虫として寄生することを100%予防することも可能だとも言われています。

 

フィラリア予防薬の使用は、ペットの健康を考える上で不可欠です。ペットの健康のこととちゃんと向き合っていきたいからこそ、飼い主として少しでも無理なく続けられる方法を選んでいきたいものです。
私達家族は個人輸入代行ショップでフィラリア予防薬を購入することにより、価格面で大きなメリットを得らました。 そして、フィラリア予防薬のコストダウンが可能になったことで、余ったお金を貯蓄や他のこと(もちろんワンコのことです。)に有用できるようになりました。

 

これからも自分達の工夫ひとつで節約できることは節約しながら、二匹のワンコを大切に飼い続けていきたいと思っています。