5月頃から始めるフィラリア予防

MENU

5月頃から始めるフィラリア予防

 

ちらほらと蚊が出てくる時期になりました。
だいたい毎年5月頃から現れますね。
刺されると痒みを伴う厄介な蚊ですが、気をつけなければならないのは刺す対象が人間だけではないということ。
うちには家族の犬がいるので、フィラリア予防は欠かさず行っています。
今年も5月から始めて、終わるのはだいたい10月頃ですね。
室内で飼っていますが、家の中にも蚊が入ってくるのでフィラリア予防は必須。
感染する確率はそう高くはないけれど、やはり心配ですから。
かかりつけの動物病院があるので、そこでフィラリア予防の薬をもらっています。
注射もありますが犬が嫌がるので…毎年ひと月に一回、服用タイプのお薬をあげています。

 

 

フィラリア予防はフィラリアを駆除する薬

フィラリア予防の薬って、正しくは予防するための薬ではないんです。
そもそもフィラリアとは寄生虫のことで、蚊の中で脱皮を繰り返した幼虫が、蚊の口から犬の体内へと侵入していきます。
そして時間をかけて犬の体内で成長し、肺や心臓に寄生して犬の寿命を縮めてしまうんです。
フィラリア予防薬はフィラリアが体内に侵入しないよう予防するのではなく、体内に入ったフィラリアを駆除する薬ということですね。
なので蚊が犬を刺すことや、フィラリアが体内に侵入することを防ぐことは現時点ではできないのです。
でもしっかりとフィラリア予防をしていれば、体内で成長する前に駆除することができますので、感染する心配はありません。